校長あいさつ

  1. ホーム
  2. 校長あいさつ

校長あいさつ

日本初の全寮制小学校となる神石インターナショナルスクールの創設時校長に就任することは、私にとって素晴らしい名誉であり、すばらしいチャンスを感じています。私は、25年にわたる教員生活の半分以上の期間、日本国内の一条校や各種インターナショナルスクールに関わってきました。私は、神石インターナショナルスクールが真ユニークな学習環境の中で、全ての生徒に最高の教育を提供する場となるだろうと確信しています。

全寮制のインターナショナルスクールとして、本校はそこに学ぶ全ての人にとって第二のふるさととしてふさわしく、家族的な雰囲気の中で最高水準のパストラルケアを提供していく所存です。幅広く濃密な二重言語制カリキュラムにより、子供達は日英の話し言葉と書き言葉に習熟し、高い国際感覚を身につけ、やがて世界中の一流校で修学できる、謙虚でありながら自信に満ちた若人として本校を巣立っていくことになるでしょう。

恵まれた自然環境の中に置かれた本校は、生徒が自分自身を深く理解し、教室や教材の外に存在する、広大な世界に目を向ける機会を提供します。山々やスキー場、瀬戸内海の島々、いくつもの世界遺産に囲まれた神石高原町は、教育と自然を一体化させたまれに見る校外学習の機会を与えてくれることでしょう。

この機会に、本校を訪れ、もっと興味をお持ちいただけるよう期待しています。心から歓迎致します。

Nicholas James Gunn

英国出身。英国のボーディングスクールで育ち、ブライトン大学の教育学修士号と校長になるための英国の国家専門職資格(NPQH)を取得。英国最大の教育監査機関であるPENTAによるBSO学校の検査官のトレーニングも受け、海外のブリティッシュスクールのアドバイザーとしても活躍。
東京のブリティッシュスクールの中学部の校長、そして日本初の一条校のインターナショナルスクールである幕張インターナショナルスクールの開校時副校長を含め、計15年間の日本での経験を含め、3〜18歳の全年齢層にわたる教育とリーダーシップにおいて25年以上のグローバルな経験を積んでいる。
また、英国のLancing Prep(ブロードウォーターマナースクール)副校長、カタールの英国キングスカレッジ ドーハで設立時校長を歴任。
2020年4月開校の日本初の全寮制のインターナショナルスクールである神石インターナショナルスクール(JINIS)の設立時校長に就任。

写真:Nicholas James Gunn
  • 事前登録のご案内
  • 教職員採用のご案内