理事長、アドバイザー あいさつ

  1. ホーム
  2. 概要
  3. 理事長、アドバイザー あいさつ

理事長、アドバイザー あいさつ

写真:末松 弥奈子

本校は、日本初の全寮制の小学校として、日本はもちろん、アジア各国の子どもたちが、グローバルに活躍するために必要な経験と知的好奇心を満たす環境を用意して2020年4月に開校しました。
ホストカントリーとしての日本の文化芸術そして道徳観を基本に、ハウスペアレンツを含めた教職員が、24時間体制で子どもたち一人ひとりの可能性と向き合っていきます。

JINISから、自ら未来を切り拓くことのできる子どもたちを、世界に送り出していくことをお約束します。

株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長
広島県出身。1993年 学習院大学大学院修士課程修了後、インターネット関連ビジネスで起業。ウェブサイト制作やオンラインマーケティングに携わる。
2001年ネットPRを提唱する株式会社ニューズ・ツー・ユーを設立。2017年株式会社ニューズ・ツー・ユーホールディングス代表取締役社長に就任。2017年6月より創刊120周年を迎える「世界に開く日本の窓」として、日本の現状と世界の動向を報道してきたジャパンタイムズの代表取締役会長・発行人。

株式会社ニューズ・ツー・ユーホールディングス 代表取締役社長
株式会社次世代教育開発 代表取締役
弥勒の里国際文化学院日本語学校 理事長

アドバイザー

写真:Michael Rob Gray 氏

JINISは日本で初めての全寮制の小学校です。日本を含めたアジアには、全寮制の小学校は、まだまだ少ないのが現状です。JINISが将来、この分野で最も権威のある学校の一つに成長することは、約束されているといえるでしょう。
JINISは、欧米の名門校から多くのインピレーションを得ています。

加えてJINISは、私が17年間校長を務めたスイスのInstitut Le Roseyの経験をベースに、日英バイリンガル教育を実現しました。
私は、このようなすばらしい学校の設立に関わることができたことを誇りに思います。

英国ケンブリッジ大学卒業(トリニティカレッジ英語学専攻後芸術学部にて短期間勤務)。フランス、スペイン、英国、ベルギーの小学校や大学にて教師および校長として勤務した後、2002年、ル・ロゼ学院の校長として迎えられる。以降16年間、IBプログラムを推進しつつ、いくつかの国際教育機関にも関わり、多くの論文を出版・国際学会に発表。スイスのザーネンにあるJFKインターナショナルスクールの理事も務め、国際教育グループのコンサルタント業務も行っている。自身も英語、フランス語、スペイン語を流暢に話すが、ル・ロゼ学院を巣立った二人の子供たちもトリリンガルになっている。

写真:Mr. John Baugh 氏

神石インターナショナルスクール(JINIS)は、子どもたちが人生を歩むための準備をする場所です。思いやりに溢れたプロフェッショナルな教職員と共に過ごす、小規模の全寮制という環境は、子どもたち一人ひとりのニーズにあわせた教育はもちろん、社会性や情緒を育みます。

JINISは、何を学ぶかではなく、どのように学ぶかについて学ぶ場所です。
そして、奉仕の精神とリーダーシップの関係を知り、スポーツを通じて競争と優しさのバランスを知り、思いやりは弱さではなく、強さであることを知る場所でもあります。

規模を追求する経済、そして消費中心の社会から一歩離れて、子どもを中心とした場所で、学ぶことができることは、子どもたちの未来にとって、とても素晴らしいことだと思います。

Solefield School, Sevenoaks (1986-1997), Edge Grove, Herts. (1997-2002) を経て、2002-2017英国オックスフォード・ドラゴンスクールの校長を務める。St. Andrew’s School, Turi, Kenyaにてエグゼクティブダイレクター(現職)、The Independent Preparatory Schools Association(IAPS)でEducation Committee委員長(現職)、The UK Boarding Schools’ Association会長(現職)、また英国インディペンデントスクール審査会(ISI)の調査にも関わっている。

Jinseki Summer School 2021